「日本創造教育研究所」ってどんな会社?

1

日本創造教育研究所は、1987年3月に設立され、従業員140名、本社所在地は大阪府吹田市です。大阪、東京、名古屋、福岡、札幌に研修センターを持ち、営業所が広島にあります。主に中小企業向けに教育研修、コンサルティング、出版・教材販売事業を行っています。企業の研修というと、新入社員に対して行うような新人研修をイメージする方が多いかもしれませんが、それだけではありません。日本創造教育研究所では、社長、そして会社幹部、現場で働く一般社員のそれぞれの能力を高め、力を発揮する「三位一体の経営」を目指しており、その実現のため階層別教育カリキュラムが用意されています。社長、管理職、現場で働く一般社員の三者は、それぞれ求められる能力・スキルが違うわけですから、当然ながら必要となる研修も違ってくるわけです。例えば、社長は長期的スパンで物事を見て会社の方向性を決定していくビジョン構築力、戦略構築力が求められますし、管理職の人は中期的スパンで物事を見て会社方針を決定していく計画実行力、業務進捗管理力、部下指導力が求められます。また現場の一般社員には、短期的スパンで目前の目標をしっかり達成していく力、業務遂行能力が求められます。

それから、研修サービスの特長に、「可能思考能力」の重視が挙げられます。可能思考能力というのは、具体的な職務遂行能力とは対になるような概念で、簡単にいうと目に見えないような部分の能力です。例えば、プラス思考、健全な価値観、協調性、高い意欲、積極性、向上心、素直さ、謙虚さなどの人間力とでもいえるような部分のことで、日本創造教育研究所では、この可能思考能力の教育をとても重視しています。なぜなら、この可能思考能力が高い人間というのは、自ら気づき、行動し、結果を出していく人間であり、失敗してもめげずに改善点を見出し、最後は必ずやり遂げて企業に利益をもたらしてくれるようになるからです。このような可能思考能力の高い人を育てることができれば、企業にとってはこの上ないプラスになります。しかし、可能思考能力の教育は、単なるノウハウ伝授とは違うので難しいとされています。同社では、長年培った研修教育サービス事業の成果を活かして、可能思考能力を身につける「基礎コース」「変革コース」「実践コース」といった3ステップの教育研修を確立することで、それを実現しています。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP