「ランドマーク」ってどんな会社?

ランドマーク株式会社は、1991年に設立されサンフランシスコに本社を置く日本法人です。全世界で従業員数450名、世界58箇所のオフィスを通して世界21カ国の主要都市で定期的に教育・研修プログラムを展開している。特徴のひとつに企業形態にあり、米国のランドマークは社員持ち株企業であり、4%以上の株式を保有している社員はおらず、取締役は現従業員と元従業員の中から毎年定期的に選出されています。

プログラムには、下記の4つがあります
・人生の大切な分野で今までの枠組みや過去に限界されない新しい可能性を創造し、パワーや自由豊かな自己表現と共に飛躍的な成果を創り出していく技術を学ぶ個人向けブレークスルーテクノロジーコース
・従業員の生き生きさ・組織内での効果的なコミュニケーション・生産性の向上・お客様との新しい関係の創造など企業向けビジネスブレークスルーテクノロジーコース
・親、友達、勉強、先生、趣味、恋愛に突破をし、トランスフォームした人生を手に入れる10代のブレークスルーテクノロジーコース
・ブレークスルーテクノロジーコース卒業後に各コースを自由に選択できる個人向け(卒業生向け)カリキュラム

ブレークスルーテクノロジーコースへの参加者から、予測を超えた成果を人生にもたらしていると言われています。
以下は、参加者のアンケートによるコースの参加から得た「成果のトップ5」です。
1.人間関係が深くなる。家族、友人、仕事場でより深いコミュニケーションをとり、今まで以上の親密な人間関係を築けるようになった。
2.自信が高まる、一歩踏み出しリスクをとる。リスクをとり、一歩踏み出し自信を持って難しいことや大きなことにもチャレンジできるようになった。
3.生産性が高まる。現在の状況や環境をまったく新しい視点からみることができ仕事の生産性、効果性が高まった。
4.人を力づける、貢献できる。人が言っていることを聞く能力や人を受け入れる能力が高まり相手を力づけ貢献出来る自分が手に入った。
5.毎日の生活の中でパワー、自由、喜び、満足、充実感、自己表現、心の平安などの体験が高まった。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP